2006年05月22日

PCバックアップ

使用中のデスクトップPCのバックアップを取ることにした。

バックアップといっても単に、ハードディスクにあるデータを
外付けハードディスクやDVDにコピーするだけじゃない。

長年、パソコンを使っているとスピードが遅くなったり、
なんだか調子が悪くなったりする。

そんな時、最終的にはOSの再インストールと言うことになってしまう。

初めからOSをインストールし、使っていたアプリケーション・プログラムを
一からインストールし、使っていた設定を施すのは、
一つ、二つのアプリケーション・プログラムだけだと時間もかからない。

ところが、どっこい、何十ものアプリケーション・プログラムの
再インストールと再設定には驚くべき時間がかかってしまう。

せっかくの休日が吹っ飛んでしまう。

 それは避けたいと、どうしても避けたい。
この世に、パソコンのインストールのために生を受けたのではない。

(大げさすぎるけどパソコン・インストールが人生の目的では決してない)

そこで調子の良かった時のパソコンの状態を
まるごとバックアップしてしまおう、

出来ないものかと考えた。
posted by フミヤン at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

笠間観音

次の日には、大多喜城をあとにし、一路、笠間観音に向かった。

笠間観音は、京都の清水寺の小型サイズ版のようであった。

なんでも家内が高校生の時の合宿の最終日、ホットしたその日、
クラブの先輩や後輩とともに訪れた懐かしい場所だというので、

(バレーボール部に入っていたと行っているが本人の活躍する姿は
 今となっては写真しかないのである。)

ここでも日頃のサービス不足を挽回するため、涙ぐましい努力を買って
出ることにした。

訪れてみると、山間の静かなお寺風で静香でなかなかGOODな場所であった。

もっと早く、女房と出会っていれば今とは別の暮らしが
始まっていたかもしれない。

そんな予感がしたのだった・・・・。
posted by フミヤン at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

家族そろってドライブ・でい

やはり連休が終わったといっても、地方の田舎に里帰りではない。
それでも道路は渋滞ぎみ。

そこは車載のナビで混み具合を確認しながら、渋滞を避けて抜け道を
スイスイ。

まったく始めての国道にもかかわらず、難なく渋滞を抜けて、
快適なドラアイブを楽しんだ。

運転の感と、テクノロジの融合で快適なドライブを楽しんだ。

まづは九十九里浜の太平洋に出るのに国道464号を東に向かった。

運賃の高い北総線と平行に走っている。

まっすぐ道が東に延びているせいか、
制限速度をかるくオーバする車が多い。

佐倉市民の森や佐倉草ぶえの丘近くを通りながら、
順天堂大学さくらキャンパスを

右に見ながら、東に東にひた走る。

酒々井(しすい)の交差点を通過し、
国道76号線に入り榎戸駅を左に見ながら、
八街高校を右に見て南東に走る。

八街五差路を南東に下り、木原入口から国道409号に出た。

国道126号にでて東金九十九里浜有料道路に入る手前で
右折して国道128号線を走る。


右手に大網白里町分庁舎の交差点を左折しまっすぐ東へ
白里海岸入り口に到着する。

ようやく白里中央海水浴場にでた。

海岸沿いに南に下る。
みかど駅当たりまで南下し西の陸部に国道を右折する。

いすみ鉄道と併走する様に西に西に走り船子交差点をそのまま直進し、
大多喜町役場方面に出る。

夷隅川を渡り、北上し大多喜城に至った。
徳川家康の重臣、本多忠勝が築いた城でした。
posted by フミヤン at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

ゴールデンウイークなんちゃって!!

世に言うゴールデンウイークには仕事が入っていて家族サービスが出来なかった。

我が家も女房、子供にせがまれて、ホントは余り乗り気じゃないけれど
家庭円満、日頃のほったらかし状態を一気に挽回しようと

ここぞとばかりのサービス精神を発揮して、

満面の笑みをたたえて、「房総半島なんてのはいんじゃないかな〜」

この一言が命取りに。。。。(とほほほ)


女房の実家の父母、ともども総勢で房総半島ドライブとあいなりました。
季節はずれのゴールデンウイーク保障ツアーと相成りました。
posted by フミヤン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。